「やればやるほど写真が上手くなる!?」一風変わった絶景SNS『Viewty』8/30リリース 最新技術「プログラミングをしない【NoCode(ノーコード)】」で作成

合同会社NoCodeCampが運営するオンラインサロン【NoCodeCamp】
所属の中村稜は、一風変わった絶景SNS「Viewty」を2020年8月30日に正式リリースしました。
今話題沸騰中のプログラミングしないWebサイト作成方法『ノーコード』で制作したサービスとなります。

【絶景SNSサービス『Viewty』とは】

絶景にコミットしたSNS「Viewty」

7月から開催されているNoCodeCamp主催の学生限定ハッカソンイベント「NoCodeCamp杯」をきっかけに製作。
『Viewty』は写真好きの中でも風景や夜景などの写真、つまり絶景を共有することのできる
「絶景に癒しと新たな冒険を」をキャッチコピーにしたウェブSNSサービスです。

従来の写真投稿型SNSサービスと大きく異なる点は、なんと言っても投稿された写真の撮影地と使用機材が分かる点。ユーザーの投稿時写真とともに撮影地、被写体、撮影カメラを入力することで、投稿と同時に撮影地が連動したGoogle Mapで確認可能な仕様になっています。

「自分の好きなカメラマンがこの写真をどんなカメラでどこで撮ったのか」など、今まで知りたかったものの知る術がなかった問題を解決することが可能です。

これだけの新しい機能が詰まっているSNSだがもちろんサービスは無料で楽しむことができます。
コロナ下での昨今、コロナ前に撮った写真を共有し、コロナ後の旅行計画の選択肢として様々な写真を眺めてみて欲しいという制作者の思いが詰まったサービスです。

【投稿するたび写真のクオリティが上がる!?】

本サービス『Viewty』では投稿により、自身が撮影した写真の撮影地と使用したカメラを共有することが可能です。
これにより、写真投稿型のSNSサービスでユーザーが気になっていたであろう「その写真がどこで撮られたのか」をマップで確認することができ、「その写真をどのカメラで撮影したのか」まで分かるので、投稿された写真とほぼ同じ写真を撮影することが理論上可能となります。
さらに、位置情報による絶景スポットの検索が可能であるため、旅行先で近くの絶景スポットを検索して旅行の思い出を深める助けにすることも可能です。

Viewtyはよりユーザーがカメラを楽しめるコンテンツを発信し続けていきます。
9月以降のアップデートにて、「いざカメラは買ったもののどうやって撮れば綺麗な写真が撮れるのかわからない」という疑問に答えるため、カメラ上達のコツを抑えたブログを開設する予定。

【圧倒的スピード開発と、今後のアップデートの展望】

本サービス作成にあたってのポイントは、SNSサイトを作成ながら制作開始から正式リリースまでの期間の2ヶ月という圧倒的短さです。
個人開発したSNSサービスでありながら2ヶ月でこのクオリティのサービスを出せたのも、現在話題となっている「ノーコード」で制作されたサービスであることが要因の一つでです。

故に今後のアップデートもスピード感を持ちながら多くの機能改善を施していく予定です。
すでにアップデートが決定しているコンテンツもあります。

『Viewty』は、カメラマンが撮影した写真をPCで管理することが多いことより、PC版のサービスとして、制作されてきました。
ユーザーが旅行先で近くの絶景スポットを検索したいとなった場合、いちいちPCを起動させてという手間が出てくるため、9/5のアップデートにてスマホ版の対応を実装する予定です。

並行して同アップデートにて、投稿ページより気になったカメラがあればすぐに購入ページにとべるよう、投稿ページにAmazonリンクが自動で追加されます。
その他、先ほども取り上げたユーザーに写真撮影を上達してもらうためのブログ開設や、DM機能も実装予定です。

『Viewty』のアップデートは、ユーザーにより写真を好きになってもらうため、特定の被写体に限った写真コンテストの主催や地方観光業界との絶景PRページの作成、人気のある投稿者への収益化等を現在検討中です。

今後もユーザーが写真と冒険を楽しめるサービス作りを進めていきます。

【本件に関するお問い合わせ】

担当者:中村凌

TEL : 070-4466-2614

Email : Nakajin.1367@gmail.com

Twitter : https://twitter.com/Ryo_apaxnc

この記事を書いた人

nocodecamp@gmail.com